メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
日本芝の特徴・種類

日本芝の特徴・種類野芝、高麗芝、姫高麗芝

日本の気候・環境に最も適した日本芝。

日本芝は高温多湿な日本の気候に適しています。一般的な種類は、高麗芝や姫高麗芝で、ホームセンター等で良く売られているのもこの種類です。

日本芝は、冬に休眠期に入ってしまい茶色く枯れてしまいますが、春になると再び緑色に戻るので、芝の色で季節感を感じることも出来ます。

日本の高温多湿な環境下でよく生育する芝草で、広く用いられていますが。寒さには弱いので、北海道などで植えるのは難しいですが、その他の地域では育てやすい種類です。

日本芝の種類

野芝(ノシバ)

乾燥や踏圧、病害虫に強く、寒さにも強い芝生。

野芝(ノシバ)

日本でも広く自生している種類で、東北や中国九州などの山に自生しています。
日本芝(夏芝)の中では最も低温に強く、比較的寒い地域や高冷地などにも使用されている芝生です。
生長が遅く手入れも比較的簡単ですが、芝の密度が粗く葉も広くて粗い感じがします。公園や道路の法面(のりめん)やゴルフ場のラフに使われます。

高麗芝(コウライシバ)

日本で広く使用されている、最もポピュラーな芝生。

高麗芝(コウライシバ)

高麗芝は日本芝(夏芝)の中で、最もポピュラーな芝生でしょう。日本では東北以南で最も多く使用されおり、日本の風土にあった夏芝です。
葉の幅は野芝よりも細く、刈込みによって密度も細かく、美しい芝生ができあがります。一般の家庭やゴルフ場のグリーンによく使用されています。

姫高麗芝(ヒメコウライシバ)

葉の密度が濃く、柔らかく繊細で、非常に美しい芝生。

姫高麗芝(ヒメコウライシバ)

姫高麗芝は高麗芝の中でも葉の幅が細いものをいい、葉が柔らかく繊細、色も鮮やかで、非常に美しい芝生をつくることが出来ます。
成長が早いので、絶えず低く刈り取らなければならず、管理が難しいのが欠点ですが、うまく生育できれば非常に美しい芝生ができあがります。

最新のオススメ記事

芝生の植え方|春植えの下準備 暗渠排水 その32011.12.09

本日は裏庭の暗渠排水作業の続き。来年の芝生の春植植えに向けて作業中です。 ここしばらくは、週末に雨が降ることが多く、中々作業できなかったので…
〜中略〜
暗渠排水の効果を確認 昨日、雨が降ったせいで、掘り下げた部分に雨水が溜まっていますが、良い機会ですので既設の暗渠排水の効果を確認してみます。…

続きを読む

関連ブログ記事

Instagram