メニュー

芝生の植え方や種類・手入れ・育て方の芝生生活は、DIYによる芝生の植え方をご紹介

ページ上部に移動
芝生と除草剤

芝生と除草剤失敗しない除草剤の使い方

芝生の雑草のみを枯らす芝生用除草剤

芝生の手入れで一番手間がかかるのが「除草作業」です。基本的には芝生の除草作業は手による除草「テデトール」で行うのですが、多くの芝生愛好家の方が、抜いても抜いても生えてくる雑草に手を焼いているのが現実でしょう。

広い面積の庭や、手入れをせずしばらくの間芝生を放置しておいたため、生えすぎた雑草などは「テデトール」ではとても対処しきれなので、このような場合には、除草剤の力を借りることになります。ホームセンターなどで販売されている一般的な除草剤は、芝生も枯らしてしまうことになりますので、必ず「芝生専用の除草剤」を使うようにしましょう。

芝生専用の除草剤とは、芝生には効かなくて、他の雑草だけ枯らすことの出来る選択性除草剤のことをいいます。「芝生専用の除草剤」はホームセンターなどでも販売されていることが多いので、かならず芝生用と書かれた除草剤であることを確認して購入してください。

また効果のある雑草の違いや、使用方法によりいくつかの種類がありますので、枯らす雑草の種類などによって選んでください。ただし、除草剤は散布するだけで雑草を駆除してくれるので大変便利な芝生道具なのですが、使いすぎると、芝生や土壌に良くありませんので、除草剤の使用は必要最低限にしましょう。

芝生の除草について

茎葉処理剤と土壌処理剤

芝生の雑草

茎葉処理剤と土壌処理剤の違いについて。

除草剤は、一般的に葉や茎に直接かけて雑草を枯らしてしまう「茎葉処理剤」と雑草が生えてくる前に芝生(土壌)に散布しておく「土壌処理剤」の2種類に分けることができます

茎葉処理剤

茎葉処理剤は雑草に直接散布して使用、雑草を枯らすことで除草します。土壌処理剤に比べて効果は短いのですが、効果は早く現れ、速効性があります。除草成分は芝生の葉や茎から吸収されるので、雑草にしっかり薬剤がかかるように散布することが重要です。

土壌処理剤

土壌処理剤は、芝生の生えている土壌に散布して使用します。土壌表面に薬効のある層をつくり、雑草の生えはじめに雑草の芽や根から吸収され、雑草を枯らすことで除草します。要するに雑草の発芽を抑えることで雑草が生えてこないようにしているのです。ただし成長してしまった雑草には効果がありません。

土壌処理剤は、効果期間が長いので春と秋に散布しておくと、雑草が生えてこないように予防することができます。また茎葉処理剤に比べると、低コストで、手間も省けます。「テデトール」+「春と秋に土壌処理剤を散布」で年間の除草作業を乗り切れればベストだと思います。

サッチングについて

イネ科用除草剤と広葉用除草剤

除草剤

雑草の種類によって除草剤も使い分けましょう。

芝生に生える雑草には様々な種類があります。芝生用の除草剤にも大きく分類するとイネ科雑草、広葉雑草とに大別できます。それぞれの商品は、枯らす事の出来る雑草の種類が決まっているので、まずは、除草したい雑草の種類を把握してから、必ず商品の説明を読んでから使用してください。
イネ科雑草と広葉雑草が両方生えている場合は、除草剤も2種類使う必要があります。

除草剤は散布してしまうと取り返しがつきません。間違った使用をしてしまうと、効果は発揮できず、芝生にも悪影響が出てしまいますので、慎重に使用してください。

主な広葉雑草

スギナ/ハルジオン/アレチノギク/ヒメムカシヨモギ/オニノゲシ/シロツメクサ/カタバミ

主なイネ科雑草

オヒシバ/メヒシバ/ニワホコリ/スズメノカタビラ

雑草の種類について

除草剤の使い方(散布方法)

除草剤

除草剤は薬害に注意して、慎重に使用しましょう。

芝生用の除草剤には、大きく分けて、液体タイプと粒状タイプがあります。液体除草剤は基本的に速効性があり散布後2〜3日で効果を発揮します。反対に、粒状タイプは速効性は無いのですが、長時間除草効果を発揮しますので、目的にあわせて選んでください。

除草剤の散布は、他の植栽や、近所の庭木を枯らしてしまわないように、強風の日はさけてください。また真夏の日中などの高温時には、芝生に薬害がでる確立が高くなるので、避けた方が良いでしょう。

散布する時は、マスクや手袋、などを着用し、間違って吸い込んでしまわないよう、また皮膚に直接触れないように注意しながら散布してください。詳しい散布方法は、それぞれの製品の使用方法をお読み下さい。

除草剤は、それぞれ製品ごとに一年間の間に散布できる回数が決まっていたり、するので、使用回数に注意することが必要です。また。芝生が病気になっていたり、肥料不足・水不足などで弱っている時には、薬害の可能性が高くなりますので注意が必要です。

関連ブログ記事

Instagram

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

週間アクセスランキング

1位
芝刈りの時期がやってきました。手動芝刈り機で高麗芝の芝刈〔芝生ブログ〕
2位
バロネスの芝刈り機が欲しい。〔芝生ブログ〕
3位
芝生の手入れ育て方 〔芝生ブログ〕
4位
ガーデニング と芝生の植え方の注意点 〔芝生ブログ〕
5位
9月の芝生の植え方 〔芝生ブログ〕
6位
芝生の植え方(張り方)〔芝生の植え方 張り方〕
7位
芝生の植え方|芝張り作業 〔芝生ブログ〕
8位
芝生の手入れ・育て方〔芝生の手入れ 育て方〕
9位
芝張り作業|芝生の植え方〔芝生の植え方 張り方〕
10位
芝生の植え方|土つくり3日目〔芝生ブログ〕
11位
芝生の植え方|土つくり1日目〔芝生ブログ〕
12位
芝刈り/刈り込み|芝生の手入れ・育て方〔芝生の手入れ 育て方〕
13位
目土入れ|芝生の手入れ・育て方〔芝生の手入れ 育て方〕

キーワードで検索

まき芝 エアレーション オーバーシード サッチング サッチ分解剤 トラブル 中庭 前庭 土壌改良 手入れ 整地作業 施肥 日本芝 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝刈り機 芝張り 芝生の手入れ 芝生の植え方 芝生の種類と選び方 芝生の肥料 芝生の道具 裏庭 補植 除草 除草剤 高麗芝

月別アーカイブ