メニュー

DIYによる芝生の植え方、上手な手入れ方法や育て方、自分にあった芝の種類や選び方をご紹介

ページ上部に移動
芝生を植える(張る)時期

芝生を植える(張る)時期植えるのに最適な季節とは

芝生を張る時期は、3〜5月が最適。

結論から言うと日本芝を張る(植える)場合は春が最も適しています。地域によって若干異なりますが、3月から5月の間が芝生の根の活動が活発になり始め、芝の痛みがもっとも少ない時期です。3月から5月の間に張って、梅雨を迎えると最もよい結果が得られます。

また、春以外の時期でも、真夏と真冬以外であれば、季節に応じて気温や水分の量に注意することで芝張りは可能です。

植えつけの時期と注意点

春に張る場合

芝生を張る(植える)時期としてはやはり春が一番最適です。3月から5月ごろが芝生の根の活動が活発になり始め芝の痛みがもっとも少ない時期です。
3月から5月の間に張ると秋まで約6〜7ヶ月生育期が続くので、芝生の状態も目に見え、根付いてきれいに仕上がるまで管理もしやすくなります。また梅雨の時期に適度に雨が降ってくれれば、水やりの手間も少なくてすみます。

夏に張る場合

夏場に芝生を張る(植える)場合は、夏の強い日差しによる乾燥に注意しましょう。とくに、目土や芝張り後の水やりの量と時間に注意しないと気温の上昇から芝生が痛んでしまいます。
根付くまで頻繁に水やりを行い、乾燥させないようにしましょう。

秋に張る場合

初秋の時期は、芝生も順調に育ちますので芝張りの時期に向いているといえます。秋以降に芝張りをする場合は、完全に芝が土に根付いていない状態で冬を迎ることになりますが、根や茎は休眠しているだけなので、春になれば新芽を出してくれます。
このように、芝が土に根付ていない場合は、なるべく芝生の上を歩かないようにしましょう。

冬に張る場合

冬でもほとんど雪の降らない太平洋側や九州などでは芝張りは可能ですが、風による寒さと乾燥などに注意して管理する必要があります。
とくに真冬には芝生が成長せず、芝が土に根付かないので、芝生を踏みつけるようなことは、なるべく避けた方がよいでしょう。

最新のオススメ記事

ブルーグラス類【ぶるーぐらするい】2018.08.03

ブルーグラス類(Poa)とは、西洋芝の種類の一種で、イネ科>イチゴツナギ亜科>イチゴツナギ属の多年草。寒地型芝生(冬芝)に含まれる。地下茎で…
〜中略〜
ブルーグラス類の芝生の特徴 ブルーグラス類の芝草は、葉が細く柔らかく、地下の匍匐茎による成長力がいので、密度の高いきれいな芝生を形成すること…

続きを読む

関連ブログ記事

Instagram

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

週間アクセスランキング

キーワードで検索

まき芝 エアレーション オーバーシード サッチング サッチ分解剤 トラブル 中庭 前庭 土壌改良 手入れ 整地作業 施肥 日本芝 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝刈り機 芝張り 芝生の手入れ 芝生の植え方 芝生の種類と選び方 芝生の肥料 芝生の道具 裏庭 補植 除草 除草剤 高麗芝

月別アーカイブ