メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生ブログ

バロネスの芝刈り機が欲しい。 | 芝生ブログ(芝生の管理日記)2011.09.16

芝刈りといえば、芝生の手入れの中で一番の醍醐味ですが、芝刈り機の性能でその仕上がりもだいぶ違ってきます。

バロネスという芝刈り機のブランドは、ホームセンターなどでは見かけませんが、はネットでは評判が良く、私もいつかは購入したいなぁと思っています。

続きを読む

芝刈機の中でのフェラーリと言われているバロネスという超高級芝刈機があります。

芝刈り機なに使ってるの〜?「バロネス」って芝友に答えてみたいですね〜。

バロネスとは、株式会社共栄者が販売している芝刈り機のブランド名で、プロ用芝草刈機の製造メーカです。
主にゴルフ場等に使われているプロ用の芝刈り機を中心にラインナップしているそうです。

しかし、フェラーリといわれているだけあって、他の芝刈り機に比べて価格も高いです。

バロネスのラインナップ

家庭用芝刈機のラインナップとしては、 手押し式タイプの「LM4D」52,000円
電動式コードタイプの「LM12MH」157,000円
電動コードレスタイプの「LMB12」220,000円

今、私が愛用しているのは、キンボシのバーディーモアーGSB-2000で、手押し式の芝刈り機です。
確かインターネットで16,000円くらいで購入しましたが、バロネスは手押し式の「LM4D」でその3倍はする。きっと切れ味も「キンボシ」の3倍は良いのだろう・・・。

もちろん私が購入出来るとすれば一番安い手押し式タイプの「LM4D」になります。

バロネスの性能

バロネスは家庭用芝刈機とはいえ、プロ用の芝刈り機と同じ刃物を採用していそうです。

刈り幅も広く30cm。刈り高の調節が8段階もある。しかも回転刃(リールカッター)は6枚もある贅沢さです。
このあたりの性能も他の芝刈り機に比べて群を抜いています。もちろん耐久性も抜群で、10年以上の耐久性があるそうです。

ちなみに、ホームセンターなどでは売っていなく、バロネスダイレクトというネットショップで直販しています。

私は1年ほど前に「ハンディバリカン」から「キンボシ号」にステップアップしたばかりで、「キンボシ」もだいぶ愛着が出てきたし、当分は「キンボシ号」で芝刈りです。

いつかは「バロネス」です・・・

最新のオススメ記事

芝生

トヨタの芝生TM9は一般家庭で手軽に楽しめる芝生2019.05.19

いきなり広告宣伝のようなタイトルですが、トヨタからお金をもらっている訳ではありません。 今回はいつもブログ記事から少し趣向を変えて、トヨタ自…
〜中略〜
高麗芝を品種改良したTM9 (ティーエムナイン) TM9 (ティーエムナイン)はトヨタ自動車が開発した芝生の品種です。TM9の普及によって、…

続きを読む

Instagramもフォローしてね!