メニュー

DIYによる芝生の植え方、上手な手入れ方法や育て方、自分にあった芝の種類や選び方をご紹介

ページ上部に移動
芝刈り機

芝刈り機種類と選び方

芝刈り機にはリール式、ロータリー式、バリカンがあります

芝刈り作業は芝生のメンテナンスにとってとても重要です。

芝刈り機は、刈り込み方式や、駆動方式、刈り込み幅など選択の幅も広いので、自分の庭の環境に一番あった芝刈り機を選ぶのに迷うことが多いですが、自分の環境にあった芝刈り機を選ぶことで、芝生のメンテナンスが格段に楽になります。

まずは刈り取る構造として、リール式とロータリー式がありそれぞれにメリット・デメリットがあります。
動力の種類は手押し式・電動式・エンジン式があり予算や作業環境によって選ぶことが出来ます。

リール式とロータリー式

仕上がりにこだわるならリール式。簡単お手入れにはロータリー式。

リール式とロータリー式の芝刈り機で一番の違いは、芝を刈った後の仕上がりです。
リール式はハサミで切ったようにきれいな刈り口となります。一方ロータリー式では、芝の葉への当たり方にムラが出ることがあり、リール式に比べ仕上がりが劣ります。

ロータリー式の芝刈り機は、リール式に比べると価格が比較的安めなことや、刈り込みの面積が広く、刈り込みスピードが早いこと、刈り上がりの芝目の高さが均一なこともあり、ロータリー式がおすすめかと思います。

リール式芝刈り機

仕上がりにこだわるならリール式。切れ味が良く、仕上がりがきれいで、音もより静か。

リール式芝刈り機

リール式とはリールカッターと呼ばれる、らせん状の刃物とベッドナイフと呼ばれる固定刃ではさみ切る方式です。
一般的にリール式の方がロータリーより仕上がりがきれいだと言われています。業務用としてゴルフ場やサッカースタジアムなどの一流のフィールドでも使用されています。

<刈り込み後の葉の色の変化>

切り口がきれいで刈込み後の葉色の変化はほとんどありません。

<低い刈り>

ほとんどの場合、1cm以上の刈り込みとなります。

<長く伸びた芝生>

ほとんどの場合、長い芝の刈り込みは苦手です。

ロータリー式芝刈り機

スピーディに芝刈りが可能。刃の交換も簡単で調節不要。手軽に使えます。

ロータリー式芝刈り機

水平に高速回転するカッターロータリー刃で長く伸びた芝を、スピーディにカットします。電動式・エンジン式はこのタイプが多いです。刃の交換も簡単ですり合わせ調節が不要なので、あまりお手入れをされない方なども手軽に使用できます。リール式に比べ長い芝の刈り込みに向いています。

<刈り込み後の葉の色の変化>

切り口が多少粗いので、変色することがあります。

<低い刈り>

ほとんどの場合、1cm以上の刈り込みとなります。

<長く伸びた芝生>

ほとんどの場合、長い芝の刈り込みができます。

手押し式・電動式・エンジン式

手軽さ・安さ優先なら手押し式、広い庭なら電動式、ものすごく広い芝生ならエンジン式。

芝刈り機の動力には手動式、電動式、エンジン式がありますがどちらを選ぶかは庭の広さや予算によります。最近の芝刈り機は電動式もそれほど高価ではなくなってきたため、庭にコンセントがあるのであれば、ぜひ電動式の芝刈り機をおすすめします。

手押し式芝刈り機

手押し式芝刈り機

仕上がりにこだわるならリール式。切れ味が良く、仕上がりがきれいで、音もより静か。

人の力で押して刃と車輪を動かし刈込みます。前方に押した時のみ回転刃が回って刈込をする仕組みで、タイヤの回転が歯の回転に直結しているため、タイヤが空回りした場合はうまく刈れません。 しかし。価格が安価、軽量で持ち運びが楽、電源がなくても使えることなど、手軽に利用できます。

注意点は、一般的に刃の取り替えが出来ない機種が多いので、刃が消耗したら買換えする必要があることと、芝が伸びてしまうと,抵抗が大きくなってうまく刈れなくなります。

電動式芝刈り機

簡単・便利な電動式。芝刈り作業が格段に楽になります。

電動式芝刈り機

最近の芝刈り機は電動式もそれほど高価ではなくなってきたため、予算が許すのであれば、ぜひ電動式の芝刈り機をおすすめします。芝刈り作業が格段に楽になります。

電動式のものには、コンセント式と充電式のものがあります。コンセント式の芝刈り機は電源が必要ですので、自分の庭のコンセントの位置を確認し、コードの長さなどは事前に確認をしておきましょう。充電式のものは、当たり前ですが、芝刈り前に事前に充電しておきましょう。

エンジン式芝刈り機

パワー抜群で作業効率アップ。騒音に注意。

エンジン式芝刈り機

主に業務用として利用されるエンジン式の芝刈り機。家庭用で利用する場合は、庭がとても広くてスピーディーに芝刈りをされたい方にオススメです。

手動式や電動式に比べ価格が高いですが、パワーもあるので作業は格段に楽です。 逆に住宅地などでは騒音などの問題もあり、使用しない方良いでしょう。

電動バリカン

電動バリカン

きれいな芝生を作るための「際刈り」に必要な電動バリカン。

芝生は際まできれいにそろっているかどうかが全体の美しさに影響します。電動バリカンは、芝刈り機が入らないような場所や、際などの細かい作業が必要な場所で使います。

充電式とコンセント式がありますが、芝生の場所が、庭のコンセントから遠い場合は充電タイプを選ぶか、延長コードを購入しておきましょう。

充電式は、作業前に充電が出来ていないと使えない点がデメリットですが、コードが無い分、取り回しが楽で作業もしやすいです。

コンセント式は、使いたいときにすぐに使えますが、コードがじゃまになることが多く、謝ってバリカンでコードを切ってしまうことも多々あります。

最新のオススメ記事

明日から3月。春になれば今年も芝張りをします。2011.02.27

今日は、久しぶりに暖かい日だったので、庭に出て今年の芝張りの計画を立ててみました。 今年の春に芝張りする場所はこちらです。ウッドデッキとガー…
〜中略〜
日が当たらない中庭 ここは、冬になれば、日中ほぼ日が当たらない場所ですが、 夏場は午前中と夕方はが当たるので芝生にとっての日照時間は問題なさ…

続きを読む

関連ブログ記事

Instagram

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

週間アクセスランキング

キーワードで検索

まき芝 エアレーション オーバーシード サッチング サッチ分解剤 トラブル 中庭 前庭 土壌改良 手入れ 整地作業 施肥 日本芝 暗渠排水 水やり 目土入れ 芝刈り 芝刈り機 芝張り 芝生の手入れ 芝生の植え方 芝生の種類と選び方 芝生の肥料 芝生の道具 裏庭 補植 除草 除草剤 高麗芝

月別アーカイブ