メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝刈り機の手入れ(ラッピング)

芝刈り機の研磨(ラッピング)芝刈り機のメンテナンス

定期的な研磨で芝刈り機の切れ味を復活

リール式芝刈り機のメンテナンスの一つ、研磨(ラッピング)の方法を紹介します。

リール式の芝刈り機は、使い続けることで刃が摩耗して切れ味が落ちてきます。刃が摩耗している場合は、手で触ってみると、刃先がボコボコしたような感触になっていると思います。

刃が摩耗する原因は、小石を挟んだりして刃が欠けてしまったりするからです。また芝刈り機が雨ざらしの場合は、サビが原因となっている場合もあります。

切れ味の悪いリール式芝刈り機で芝刈りをすると、芝生の葉先を引きちぎるようにして、カットしてしまうので、芝生の葉先はギザギザになり、数日経つと芝生の葉先が枯れたように白くなってしまいます。そうすると芝生全体が白っぽく見えてしまい、芝生の見栄えが悪くなってしまいます。

そうならないためにも、切れ味の悪くなったリール式芝刈り機の研磨(ラッピング)を定期的に行うようにしましょう。

リール式の芝刈り機は研磨することで、切れ味を復活させることが出来ます。専門家や業者に研いでもらうことも出来ますが、簡易的ではあるが自分でできる研磨キットも販売されています。

ここでは、自分でできるリール式芝刈り機(以下芝刈り機と表記)の研磨(ラッピング)方法をご紹介します。

研磨に必要な道具

ラッピングに必要な道具

ホームセンターでラッピングキットを購入

ホームセンターで、キンボシの手動芝刈り機用のラッピングキット(研磨キット)が、販売されていたので購入してきました。

このラッピングキットは、基本的にキンボシの手動芝刈り機専用なので、我が家の芝刈り機「キンボシゴールデンスター GSB-2000 バーディーモアー」にも問題なく使用することができました。

付属のピニオンキーを使用すれば、他のメーカーのリール式芝刈り機で、車輪が外せるタイプであれば使用できるようです。

余談ですが、このラッピングキットは、芝刈り機販売コーナーの端っこに、隠れるようにして1個だけ置かれており、ホコリがかぶっている状態。よほど購入者が少ないマニアックな商品だと思われます(笑)

芝刈り機の研磨に使用する道具

○ラッピングキットに含まれる道具
・ラッピング剤(刃に塗りこむ研磨剤もしくはコンパウンド剤とも呼ばれる)
・塗布用のブラシ(ラッピング材を刃に塗り込むためのブラシ)
・ラッピングハンドル(リール刃を回転するためのハンドル)
・ピニオン(キンボシ以外のメーカーの芝刈り機にハンドルを取り付ける場合)

○その他に用意する道具
・マイナスドライバー(ホイールカバー・Eリングを取り外しに使用)
・CRC 5-56スプレー(仕上げの潤滑剤)
・ペーパータオル(ラッピング材を拭き取る)
・コピー用紙(新聞紙の替わり・試し切り用)
・写真にはありませんが、Eリングの取り付けに、ラジオペンチかプライヤーが必要になります。

研磨作業の前に、いつもどおりの刃合わせの調整をしておきましょう。

ホイールキャップの取り外し

ホイールキャップ取り外しの写真

芝刈り機を裏返す

道具をそろえたら、いよいよ研磨作業に取り掛かります。まずは芝刈り機を裏返しにして地面に置きます。

ホイールキャップ取り外す

ホイールとホイールキャップの隙間に、マイナスドライバーを差し込みます。ツメで固定されているだけなので、マイナスドライバーをこじるようにすると簡単に外すことが出来ます。

ホイールの取り外し

ホイール取り外しの写真

マイナスドライバーを使ってEリングを取り外します。Eリングを取り外すと、簡単にホイールを車軸から外すことが出来ます。取り外したEリングは無くさないように注意してください。

ピニオンギアの取り外し

ピニオンギア取り外しの写真

ピニオンギア(黒い歯車)を軸から抜きます。ピニオンギアを抜くと軸にピニオンキーが刺さっています。このピニオンキーは、このあとのラッピングハンドルの取り付けに使用しますので、そのままにしておきます。

ピニオンキーは抜けやすいので、注意が必要です。もしピニオンキーが抜けてしまった場合は、ピニオンキーの取り付けの方向が決まっているので、間違えないように元に戻しましょう。

ラッピングハンドルの装着

ラッピングハンドル装着の写真 ラッピングハンドル装着の写真

ピニオンキーが、軸に刺さっている状態で、ラッピングハンドルを差し込みます。

ラッピングハンドル装着の写真

ラッピングハンドルを回転させた時に地面に当たる場合は、芝刈り機の下にブロックやレンガを置いて、ラッピングハンドルと反対側のホイールが回転する状態にしてください。

ラッピング剤の塗布

ラッピング剤の塗布の写真

塗布用のブラシで、ラッピング剤をリール刃と固定刃に、丁寧に伸ばすように塗り込みます。塗り込む量は少量でも十分綺麗に研磨できます。

ラッピングハンドルを回して研磨

研磨作業の写真

ラッピング剤の塗布が終わったら、ラッピングハンドルを時計回りに勢いよく回転させます。

ラッピングハンドルを回し始めて最初の頃は、ジャリジャリというような音がしますが、20~30回程度回転させると、刃が研磨されて、音が徐々に小さくなってきます。

音が小さくなって、回転の抵抗が無くなってきたら、研磨完了です。

コンパウンドの拭き取り

拭き取りの写真

研磨が終わったら試し切りをするために、使い古したタオルやペーパータオルを使って、ラッピング剤を拭き取ります。

研磨具合の確認

試し切りの写真

新聞紙などを使って切れ味を確認します。新聞紙が刃の各場所で切れることを確認できたら研磨は終了です。切れ味が悪かったり、切れる場所にムラがあったりした場合は、研磨・拭き取り・確認作業を繰り返します。

研磨完了・組み立て

研磨完了の写真

芝刈り機に切れ味が復活したことを確認できれば、取り外しと逆の順番で芝刈り機を組み立てます。この時、Eリングは、ラジオペンチやフライヤーで取り付けしますが、無くしやすいので注意してください。

CRCの画像

組み立てる時に、CRCなどの潤滑剤を塗布しておくと良いでしょう。

芝刈り機の種類については書きをごらんください

芝刈り機

最新のオススメ記事

芝の手入れと芝刈り作業2011.06.26

梅雨というのに、晴れた日が続く今日この頃、芝生マニアのみなさまは芝の手入れ頑張ってますでしょうか? 梅雨の時期は、芝生の手入れは楽になります…
〜中略〜
昨年植えた芝生 こちらは、昨年植えた芝生です。先々週、先週と、サッチングと施肥をした効果が現れてきたのか、だいぶきれいな緑になってきいました…

続きを読む

関連ブログ記事

Instagram