メニュー

DIYによる芝生の植え方、上手な手入れ方法や育て方、自分にあった芝の種類や選び方をご紹介

ページ上部に移動
芝生ブログ

手入れの効果あり。前庭の芝生に新芽が出てきました。2019.03.23

我が家の芝生は、高麗芝です。高麗芝は暖地型芝生の仲間で、気温が15度より高いと成長を始めますので、毎年3月の末から4月の上旬に新芽が出始めます。

我が家の芝生も今週になって、前庭の芝生に新芽が出てきました。先週、先々週とサッチングとエアレーションなどの手入れを行い、芝生に刺激を与えたことも、新芽の成長を促したのだと思います。

芝生は、適度な刺激を与えた方がよく成長します。春の更新作業であれば、芝生の根切り(スライシング)で、芝生の根に刺激を与えます。芝生の根を切ることで、切り口から新しい根が生えて来て、芝生の成長が活発になります。

またサッチングによっても、土壌の通気性や日当たりが良くなり、芝生の成長を促すことができます。

このように、芝生に負荷をかけると、芝生は元気に育ってくれるのです。もちろん、水やりや施肥などで、芝生を甘やかすことも忘れないでください。

続きを読む

芝刈り

適度な刺激を与えて、元気な芝生を作りましょう。

定期的な芝刈りも、きれいな芝生を作るポイントです。芝生は芝刈りで葉先を刈られて、上に成長するのが邪魔をされると、横に成長するようになります。

例えば、一度の芝刈りで10ミリの葉先を刈るのではなく、5ミリづつ、2回に分けて葉先を刈ることによって、密度の高いきれいな芝生を作ることができます。

夏の芝生がよく育つシーズンであれば、1週間で10ミリぐらいは伸びてしまうので、週に2回芝刈りができればよいのですが、土日が休みのサラリーマンである私は、平日の芝刈りは無理な訳で、週1回の芝刈りで我慢しています。

芝刈りの方法や回数 高麗芝の手入れ

春の更新作業は、きれいな芝生を作るのにとても重要です。

土の中にある芝生の根は、芝生が成長するとともに増え続け、次第に地面の中で密集して行くことになります。

そして、地面の中で密集した根は、土壌の通気性や水はけを悪くし、芝生の成長を妨げることになります。そこで、根切りやエアレーションで、水はけや通気性の改善を行います。

また、芝生の枯れてしまった芝生の葉や、刈りカスも、通気性を悪くし、病原菌の原因となるので、サッチングで取り除きます。

春の更新作業は、施肥などに比べて、すぐに効果を実感することは少ないのですが、やっておけば必ず効果がある芝生の手入れです。

特に芝生を植えて年月が経過した芝生には、非常に効果があるので、3月から4月の間にすることをオススメします。

3月の芝生の手入れ 4月の芝生の手入れ

最新のオススメ記事

芝生の除草剤を散布しました2016.04.13

本日は芝生の除草剤を散布しました。芝生に生えてくる雑草に対処するには、ひたすら手で雑草を抜く「テデトール」とういう方法と除草剤を使う方法があ…
〜中略〜
芝生用の除草剤 さて、芝生の除草ですが、私も芝生を始めた頃は地道にテデトールで除草していました。その頃はまだ子供も小さくて、除草剤がついた芝…

続きを読む

Instagram

おすすめアイテム

最新のブログ記事

最新のブログ記事一覧

キーワードで検索

まき芝 エアレーション オーバーシード サッチング サッチ分解剤 スライシング トラブル 中庭 前庭 土壌改良 手入れ 整地作業 施肥 日本芝 暗渠排水 更新作業 水やり 目土入れ 芝刈り 芝刈り機 芝張り 芝生の手入れ 芝生の植え方 芝生の種類と選び方 芝生の肥料 芝生の道具 裏庭 補植 除草 除草剤 高麗芝

月別アーカイブ