メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生ブログ

ハイポネックス(液肥)とサッチ分解剤の散布2013.07.06

7月に入って我が家の芝生は絶好調です。先週(7月1日)に液肥散布と、サッチ分解剤の「イデコンポガーデンEV」を散布しました。

液肥は、ハイポネックス(液肥)の原液を、「らくらく液体肥料スプレイヤー」を使って希釈しながら散布します。
ハイポネックスは、花や庭木、野菜などに使用するイメージですが、もちろん芝生にも使えます。

続きを読む

ハイポネックスとサッチ分解材の効果と使い方

ハイポネックスは、植物が元気に育つのに必要な栄養素(窒素(チッソ)・リン酸・カリウム)をバランス良く配合しているので、芝生が元気に成長し、葉の緑色を鮮やかにすることが出来ます。

ハイポネックス

ハイポネックスは原液で販売されているので、水でうすめて散布するので、花や野菜などに散布する場合は、ジョウロなどを使いますが、芝生に散布する場合、面積が広いので、「らくらく液体肥料スプレイヤー」などを使って散布していきます。

芝生の肥料

サッチ分解材

サッチ分解剤は、このブログでも何回か紹介していますが、4〜10月の間に2回から3回を目安に散布します。
私が使用しているサッチ分解剤は「イデコンポガーデンEV」で、サッチ分解機能を持つバチルス菌が混合されており、散布するだけの簡単作業でサッチを分解してくれます。
このサッチ分解剤のおかげで、面倒なサッチング作業をしなくて済むので非常に助かっています。

サッチ分解剤
前庭の芝

7月の前庭の芝生の様子

7月の前庭の芝生の様子です。芝高は3cmほど。明日には今月2回目の芝刈りを行います。昨シーズンからサッチ分解剤を数回散布していますので、湿気も溜まりにくくなっているはずです。

ちょこっと芝

前庭のちょっと芝生エリア

前庭のちょっと芝生エリア。なぜか我が家の芝生でいちばん良く成長する場所です。狭いので芝刈りがしにくいので困ります。

中庭の芝

中庭の芝生

中庭の芝生。手前は剝げたようになっています。暗渠排水を施してからは順調に復活してきましたが、この部分はもう芝が復活することはないので、新たにマット芝を購入して補植をしようと思います。

裏庭の芝

裏庭の芝生

裏庭の芝生。現時点では特に問題なし。芝は順調に育っています。多少凸凹が目立ってきたので目土入れが必要です。夕方になると日隠になるので、前庭の芝生に比べて成長が遅い感じがします。

最新のオススメ記事

3月の裏庭

3月になったので2019年の芝活をスタートします。2019.03.03

2019年も3月になりました。春からの高麗芝のシーズンに向けて、本日から2019年の芝活をスタートすることにしました。昨年は、毎年の更新作業…
〜中略〜
サッチング 熊手を使ってひたすら枯れた芝や根を書き出す、単純な作業です。しかし病原菌の発生を抑えたり、害虫が出にくい芝生をつくるためにはとて…

続きを読む

Instagram