メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生用語辞典

ターフカッター【たーふかったー】

ターフカッターとは、スライシングやエッジ処理に使用される芝生の手入れ用の道具です。ターフカッターの構造は、上部にハンドルがあり、先端は丸くて薄い刃がついています。先端を芝生に突き刺すことで、芝生の根を切ることができます。

ターフカッターは、スライシングという、主に春に行われる芝生の更新作業に使用されます。
参考:芝生のスライシング参照

ターフカッターで芝生の根を切ることで、根の新陳代謝を促し、芝生の生育を促進させることが出来ます。根切り効果に加えてエアレーションの効果も期待できます。

広い芝生の場合は、ターフカッターでのスライシング作業は大変に疲れる作業です。そのような場合は、リョービなどからスライシングにも使用できる芝刈り機が発売されているので、購入を検討しても良いでしょう。

もう一つの使い方として、ターフカッターは芝生のエッジ処理にも使用されます。

芝生の見栄えを少しでも良くしようとする芝生マニア(芝奴隷)はエッジ処理にもこだわります。芝生とコンクリートやレンガ、土の地面などの境目からはみ出した余分な芝があります。(これを芝奴隷はハミ芝といいます)。この余分な芝を切り取ってエッジを綺麗に仕上げる作業にもターフカッターは使われます。

ガーデニングが盛んな海外では、Edger(エッジャー)と呼ばれる、エッジ処理専門の道具もあります。

さらに、ターフカッターは、芝生を補植する作業にも使用できます。
参考:裏庭の際刈り(エッジ処理)と補植をしました

続きを読む

ターフカッターの使い方

ターフカッターの使い方はとても簡単で、先端の丸い刃を芝生に突き刺して根を切ります。

芝が植わっている土が柔らかい場合は、サクサクと突き刺す作業を進めることが出来ます。しかし、土が固い場合は、足をかけて体重をかける、左右交互に力を入れる、などで結構な力が必要となりますので、芝生全面をスライシングするには大変疲れる作業となります。

エッジ処理に使用する場合は、コンクリートやレンガとの境目にターフカッターを突き刺して、はみ出した芝生の根を切ります。その後、余分な芝生を取り除くことで、芝生のエッジを綺麗に仕上げることが出来ます。

関連情報

ターフカッターと見た目が同じような道具で、ローンスパイク、ローンパンチという道具があります。ターフカッターと使い方もほぼ同じです。

ただし、効果は少し違い、ローンスパイク、ローンパンチは、値切りの効果は多少あるのですが、どちらかというとエアレーション目的の道具なので、もっとも根切り効果がありのは、ターフカッターということになります。

スライシング作業をした後は、芝生の見栄えが非常に悪くなるので、作業をためらいがちですが、長い目で見た場合は、芝生を綺麗に維持できるのでオススメの作業となります。

関連用語

関連ページ

最新のオススメ記事

芝生を元気に育てる為に、娘と二人でエアレーション作業2014.03.30

今日は、芝生のシーズンに入る前に、エアレーションを行いました。エアレーションは、綺麗な芝生を作るためには欠かせない芝生のメンテナンスです。 …
〜中略〜
エアレーションに使うローンスパイク エアレーションには、ロースパイクという専用の道具を使います。。 父の所有するロースパイクは、近所のホーム…

続きを読む

Instagram