メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生ブログ

サッチ分解が出来るイデコンポガーデンEVを購入してみた。 | 芝生ブログ(芝生の管理日記)2012.10.18

10月も中旬になり、かなり涼しくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、我が家の芝生ですが、以前として綺麗な緑色をしているのですが、芝生の成長はほとんど止まっています。

ということで、
先週末に芝刈りをしたのが、今シーズン最後の芝刈りになります。

続きを読む

芝刈り機

この時期の芝の手入れ

この時期の芝の手入れとしては、水やりも基本的にはしていませんし、雑草が気がつけばテデトールで駆除している程度です。

テデトール

前回の記事にも書いていたのですが、我が家の芝生は、3シーズン目に入ってサッチが目立つようになってきました。で、イデコンポという、サッチ分解剤を購入しようと予定をしていたのですが、まあそのうち購入しようと、ぐずぐずとしていたら、気がつけば10月中旬になっていました。

前回の記事

もしかして、散布時期を逃してしまったかもっ・・・。と思いつつ、インターネットで調べてみる父。
予想通り、散布に最適な時期は、9月〜10月中旬なので、ベストな散布時期を外してしまいました。

ただ、使用時期は3〜11月と書いていますので、今からでも多少の効果は期待できるかも?と思い、先ほどネットで購入しました。
今週末には届くと思うので、届いたら早速散布してみたいと思います。

ちなみに購入したのは、イデコンポガーデンEVという商品。EV1袋(3kg)を購入しました。

従来のイデコンポが、スブチルス菌を配合しているのに対して、イデコンポガーデンEVは、スブチルス菌とピミリス菌を配合しており、サッチの分解力がパワーアップしているそうです。
値段は少々高いのですが、分解力がパワーアップしているのなら良しとしましょう。

価格は、送料込みで3,675円也。
お小遣い制度の父としては痛い出費です。

ただ、芝生を長く育てている芝生マニアにとって。このサッチの処理には必ず乗り越えないといけない壁なのです。

そして、手作業でのサッチングは、芝の手入れの中では1,2を争うほどの非常につらい作業なのです。

なので、この価格で、サッチが無くなるならば、非常にお買い得だと考える父なのでした。

手作業でのサッチング

最新のオススメ記事

着色剤【ちゃくしょくざい】2019.05.12

芝生の着色剤とは、冬になって枯れてしまう暖地型の芝生を緑色に着色する薬剤。日本の場合は主に高麗芝に使用することが多い。 芝生の着色剤はゴルフ…
〜中略〜
使用方法 芝生着色剤の使用方法は、噴霧器などで希釈した着色剤をミスト状にして、芝生に直接吹き付ける方法が一般的である。2回3回と重ね塗りする…

続きを読む

Instagramもフォローしてね!