メニュー

DIYによる芝生の植え方、上手な手入れ方法や育て方、自分にあった芝の種類や選び方をご紹介

ページ上部に移動
芝生用語辞典

除草剤【じょそうざい】

除草剤(じょそうざい)とは、雑草を枯らすために使う農薬のこと。

除草剤には、大きく分けて茎葉処理剤と土壌処理剤の種類があり、効果や使い方が異なるので、使用する除草剤の特徴をよく理解して、使用することが重要となります。

茎葉処理剤は、すでに生えてしまっている雑草に対して効果を発揮します。雑草の茎や葉に直接かけることで、除草剤が雑草の中に吸収されて枯らす事ができます。注意点として、土にかけてしまっても効果が得られず、また大きく成長してしまった雑草にも効果が無いことです。

この種類の除草剤は液体であることが殆どで、水で希釈するタイプと、そのまま使用するストレートタイプがあります。土壌処理剤のメリットは、効果が現れるのが早くすぐに雑草を枯らすことができます(速効型)デメリットは残布したあとに雨が降ってしまうと効果が薄れることです。

土壌処理剤は雑草が生える前に、土に散布することで、雑草を生えにくくする、合わせて、土の中にある雑草の根や芽を枯らす効果があります。除草剤が土に染み込み根から雑草を枯らすことができます。除草効果もありますが、雑草を生えにくい土壌にする防草効果の方が高いのが特徴です。

このタイプの除草剤は粒状のタイプが多く、メリットは防草効果が高く、効果も長期間にわたること。デメリットとしては土壌に影響を与えるので近くに枯らしたくない植物がある時は使用できないことです。

続きを読む

芝生の除草剤

芝生に映える雑草は手で抜くのが基本ですが、雑草が生えすぎる場合は除草剤を使うことになります。ただし、通常の除草剤では芝生も枯らしてしまうため、芝生の雑草には使用できません。芝生の雑草を枯らすためには、芝生用の除草剤を使用します。

芝生用の除草剤は、イネ科植物である芝には影響を与えず、その他の雑草(広葉雑草)を枯らすことができます。ただし、芝の種を植えた直後、これから芝生の種を植える場合は、芝の芽を枯らしてしまうことになるので使用できません。

一般家庭向けの芝生用除草剤としてシバキープシリーズ、シバニードアップ、MCPP液剤などが有名です。ホームセンターなどで購入できます。芝生用の除草剤は、多く撒き過ぎたり使用する時期を間違うと芝生まで枯らしてしまうことになるので、注意しましょう。

このように、除草剤は大変便利な農薬ですが、使い方を間違うと芝生を枯らしてしまうだけではなく、人体にとっても危険なので、散布するときはマスクや手袋を装着し、除草剤が肌や皮膚につかないように注意してください。

関連用語

関連ページ

最新のオススメ記事

着色剤【ちゃくしょくざい】2019.05.12

芝生の着色剤とは、冬になって枯れてしまう暖地型の芝生を緑色に着色する薬剤。日本の場合は主に高麗芝に使用することが多い。 芝生の着色剤はゴルフ…
〜中略〜
使用方法 芝生着色剤の使用方法は、噴霧器などで希釈した着色剤をミスト状にして、芝生に直接吹き付ける方法が一般的である。2回3回と重ね塗りする…

続きを読む

Instagram

芝生の手入れおすすめアイテム

最新の芝生日記(ブログ)

最新のブログ記事一覧

キーワードで検索

まき芝 エアレーション オーバーシード サッチング サッチ分解剤 スライシング トラブル 中庭 前庭 土壌改良 手入れ 整地作業 施肥 日本芝 暗渠排水 更新作業 水やり 目土入れ 芝刈り 芝刈り機 芝張り 芝生の手入れ 芝生の植え方 芝生の種類と選び方 芝生の肥料 芝生の道具 裏庭 補植 除草 除草剤 高麗芝

月別アーカイブ