メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生ブログ

芝生が元気に育つ理由。2012.07.21

梅雨が明けていよいよ芝生の季節がやって参りました。
これからの時期は、芝生の手入れに一番手間がかかる時期になります。

雑草対策、水やり、芝刈りなどなど、することはたくさんあります。
でも芝生が一番きれいな時期でもあります。

みなさん芝生生活をエンジョイしましょう。

続きを読む

最近は裏庭の芝生に掛かりっきり

さて、私はというと、最近は裏庭の芝生に掛かりっきりです。裏庭には、今年のゴールデンウィークに芝生を植えたのですが、初めての夏を迎えることになります。

昨年。中庭に植えた芝生は、夏の間に枯らしてしまったので、今年は失敗の無いように気をつけたいと思います。

裏庭の芝張り作業 芝生

今日の裏庭の芝生の様子(芝刈り前)です。目地の部分は大分目立たないようになってきましたが、この様子だと、完全に目立たないようになるにはもう少し時間が必要になりそうです。

芝刈り後

芝刈り後の写真です。いつも通り20mmカットで仕上げます。

芝刈り機

本日の収穫量です。バケットにほぼ一杯になりました。前回は、先週末に芝刈りをしたので、一週間でこれだけ伸びたことになります。
芝生は芝刈りをすればするほど、密度の高い綺麗な芝生になるので、こまめな芝刈りをオススメします。

芝刈りについて
芝刈り

3シーズン目の前庭の芝生

こちらは前庭の芝生です。(写真は先週に撮影)。今年で、3シーズン目に入りましたが、前庭は裏庭や中庭と違って、トラブルもなく順調に育っています。

日当たり、水はけ、風通しなど我が家で一番芝生に適した場所にあるので、密度が高く綺麗な芝生に育っています。

前庭・中庭・裏庭と芝生を植えてみての感想は、やはり芝生は植える場所が大事なんだなぁと・・・。
日当たり・水はけ・風通しの良い場所に植えた芝生は、余り手間が掛からず、元気に育ってくれます。

芝生の植え方 >

最新のオススメ記事

土壌改良材で粘土質の土を改良2012.02.12

2月の芝生の様子です。 この時期は芝生の手入れはほとんどすることがありません。 この機会に、以前に暗渠排水を作るときに出た、粘土質の土を、芝…
〜中略〜
腐葉土やパーライトを粘土質の土混ぜて改良します・・・。 インターネットで粘土質の土の改良の方法を調べてみると、腐葉土やパーライトなどの土壌改…

続きを読む

Instagram