メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生ブログ

今日は朝から芝活。芝生の成長が遅いのに悩む。2019.05.11

芝刈り

天気の良い5月の土曜日。今日は朝から芝活です。この時期が、寒くもなく暑くもなく、芝奴隷にとってはとても心地よい季節ですね。

さて我が家の芝生ですが、ゴールデンウィークが終わって5月の中旬になっても、緑が「まだら」です。新芽が出て成長している箇所もあるのですが、密度も薄くて、まだ枯れた芝生が目立つところがあります。
例年通りであれば、この時期は全面が緑になっていてもおかしくはないのですが、手入れ不足で我が家の芝生だけが、成長が遅れているのか、全国の芝生が成長が遅いのか?

ネットやSNSでも芝生の成長が遅いという、芝奴隷仲間の声をよく聞きます。近所のゴルフ場の人も、今年は芝生の成長が遅いと言っていたので、自分の手入れ不足ではなかったと安心しているところです。

今年は、暖かくなるのが早かったので、芝生も新芽が出るのも早くなりそうなのですが、そう単純なことではないのかな。
例えば、桜とかは、暖冬の時は開花が遅いとも聞きます。桜の花が春に開花するためには、冬のキビシイ寒さも必要となるそうです。芝生も同じようなことが言えるのかなと思う今日この頃です。

続きを読む

我が家の芝活は、落ち葉拾いから始まる

シンボルツリー 芝生の上の落ち葉

この時期になると、芝生の上に落ち葉が大量に落ちてきます。原因は芝生の隣に植えてある我が家のシンボルツリーです。(木の種類は忘れてしまいました)

春になると新しい葉が出て来て、古い葉がどんどんと落ちていきます。上の写真も前日に落ち葉を掃除したばかりですが、たった1日でこれだけの量の落ち葉が落ちてきます。
なので、我が家の芝生の手入れは、まず落ち葉広いから始まるのです。

15ミリカットで今年2回目の芝刈り

芝刈り機

この時期は、芝刈り機の刈高を15mmにセッティングしています。キンボシのゴールデンスター(芝刈り機)は10mmmまで、刈高を調整できるのですが、我が家の芝生は凸凹が多くて「軸刈り」をしてしまう可能性があるので、15mmで妥協して芝刈りをスタートします。

本日の収穫量も少なめでした。落ち葉を芝刈り機で回収する技も覚えました(笑)

裏庭の芝生 裏庭の芝生 前庭の芝生

芝刈り後の芝生はこんな感じ。今日は芝刈りのみで、エッジ処理はまた今度にします。

芝刈りの方法

芝生専用じゃないけれど、液肥散布

液肥

芝刈りが終わったら、芝生の健やかな成長の願いを込めて、液肥を散布。芝生用の液肥がなかったので、野菜・花用の液肥ですが芝生にも効果があります。

芝生用の液肥と違って、窒素、リン酸、カリウムの割合が(N-P-K)が 6-10-5 となっていて、リン酸が多めの肥料です。リン酸は、芝生の根の成長や分けつなどを促す効果があります。

芝生の肥料

液肥散布には液肥スプレイヤー

液肥スプレイヤー

芝奴隷には必須アイテムの液肥スプレイヤーを使って、水やりを兼ねて液肥を散布します。

液肥は原液で販売されていることが多いので、散布するには希釈する必要がありますが、水で薄めてジョウロなどで散布するとなると大変なので、この液肥スプレイヤーは非常にありがたい道具です。

液肥スプレイヤー

芝生以外の植栽も緑になってきました

バラの花 植栽と芝生 植栽と芝生

最後に、芝生以外の植栽を少しだけご紹介。
植栽はゴールデンウィークに手入れしたばかり。植木の選定はまだまだ初心者なので、これから勉強していきたいです。バラの花は奥さんが植えたのですが、手入れはまったくされていない様子です。どうなるのでしょう?

最新のオススメ記事

サッチ【さっち】2012.05.18

刈り草や冬枯れした芝生の葉などが枯れて腐った様な状態で集積したもののことをサッチといいます。 ある程度のサッチは、芝生にクッションを与えるの…
〜中略〜
関連情報 芝生を植えて1年目はサッチはほとんどありません。2年目くらいからサッチが徐々に増えていきます。このサッチを取り除くことをサッチング…

続きを読む

Instagram