メニュー

芝生を植える、育てる、手入れをする人に役立つ情報サイト。芝生の種類や選び方もご紹介。

ページ上部に移動
芝生ブログ

芝生用の肥料「芝生の液肥」を手に入れたので紹介します2016.06.05

私が普段芝生の肥料として使っている肥料は「ハイポネックス原液」という製品で、この製品は原液のままホームセンターで販売されていて、液肥スプレイヤーを使って水で希釈しながら施肥をするタイプの肥料です。

この肥料は芝生用ではなく、草花から野菜まで園芸全般に使えるタイプの肥料ですが、価格が手頃な事と水で薄めるだけで使える事ができるので、以前から愛用している肥料です。

続きを読む

ホームセンターで見つけた芝生用の液肥

私が普段芝生の肥料として使っている肥料は「ハイポネックス原液」という製品で、この製品は原液のままホームセンターで販売されていて、液肥スプレイヤーを使って水で希釈しながら施肥をするタイプの肥料です。

この肥料は芝生用ではなく、草花から野菜まで園芸全般に使えるタイプの肥料ですが、価格が手頃な事と水で薄めるだけで使える事ができるので、以前から愛用している肥料です。

この日父は娘達と一緒に、普段良く行くホームセンターとは別のホームセンターにて、「ハイポネックス原液」を手に取ろうとしたその時、大きい方の娘が「芝生が元気に◯△☓□」とつぶやくのが聞こえました。娘の目線の先をみると「芝生の液肥」という商品が目に入りました。

この商品は以前にも目にした記憶があります。普段つかっているハイポネックスと同じ会社から販売されている、芝生用の液肥です。

その頃は「液肥スプレイヤー」を持っていなかった為、主に粒状タイプの肥料を使ってたこともあり、購入することはありませんでした。

しかし「液肥スプレイヤー」を手に入れ、液肥の散布が出来るようになった現在では、このハイポネックスの「芝生の液肥」を購入することに障害はありません。
価格も通常の「ハイポネックス原液」とそれほど変わらなかったので、購入することにしました。

液肥スプレイヤーの紹介
芝生の液肥と液肥スプレイヤー

通常と芝生用の肥料を比べてみます

両者を比べてみるといっても「両方を使ってその結果を比較してみる」なんて無駄なことはしません。芝生用の肥料の方が結果良いのはきまっていますからね。ただし、両者の配合成分の違いだけは調べて見ることにしました。

まずは肥料の三要素である「窒素(チッソ)・リン酸・カリウム」の配合率ですが、
ハイポネックス原液の配合成分 → N-P-K=6-10-5
芝生の液肥 → N-P-K=5-2-4
となっています。葉を緑色にする効果があるN(窒素)と根っこの成長を促す効果があるカリウム(K)の配合比率が大きことが分かります。
また、「芝生の液肥」には、葉緑素(クロロフィル)の元となるマグネシウムや鉄などミネラル分も配合されています。

さらに、「芝生の液肥」には地下深層水から抽出した天然有機物「かん水フルボ酸」が含まれており、色鮮やかで丈夫な芝に育てるそうです。

結論からいうと、父に難しいことはわかりませんが、芝生に良い成分が多く含まれていることは理解するできました。

購入した日はあいにく雨だったので「芝生の液肥」を使うことがありませんでしたので、来週にでも使ってみようと考えています。
ちなみに、施肥に適した時期は、芝生の生育期間(春~秋)になります。

芝生の肥料の紹介

最新のオススメ記事

寒地型芝生【かんちがたしばふ】2018.09.14

芝生に使われる芝草には約30ほどの種類がありますが、その中でも寒冷地に適応した芝草を「寒地型芝生」と呼びます。冬芝や冬型芝、寒地型芝草と呼ば…
〜中略〜
寒地型芝生の特徴 暖地型芝生に比べて葉の色が濃くて鮮やかです。 生育する気温は15℃〜20℃。寒さに強く、日本では春と秋に旺盛に成長します。…

続きを読む

Instagram

芝生の手入れおすすめアイテム

最新の芝生日記(ブログ)

最新のブログ記事一覧

キーワードで検索

まき芝 エアレーション オーバーシード サッチング サッチ分解剤 スライシング トラブル 中庭 前庭 土壌改良 手入れ 整地作業 施肥 日本芝 暗渠排水 更新作業 水やり 目土入れ 芝刈り 芝刈り機 芝張り 芝生の手入れ 芝生の植え方 芝生の種類と選び方 芝生の肥料 芝生の道具 裏庭 補植 除草 除草剤 高麗芝

月別アーカイブ