メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生ブログ

芝生の植え方|春植えの下準備 暗渠排水 その12011.11.12

芝生の植え方の第一歩は土壌づくり

来年の春に、裏庭に芝生を植えたいと計画しています。芝生が元気に育つには、いろいろな良い床土が必要ですが、 その中でも重要なのが水はけです。

水はけが悪い土壌では芝生の根が根腐れしてしまい、芝生が元気に育たないどころか、芝生が刈れてしまう可能性があります。芝生を植えるのにベストな春に芝生を植える為には、オフシーズンのこれから春までの間に準備をしておくことにしました。

続きを読む

水はけを暗渠排水で改善

しかしながら、我が家の裏庭は非常に水はけが悪いのです。このまま芝生を植えても順調に芝生が育つとは思えません。そこで、2つの方法で水はけを良くしょうと考えています。

一つめは、地面の表面を良くするために(これを表面排水といいます)芝生の面には傾斜をつけてU字構をつけようと考えています。

そしてもう一つは、暗渠排水。暗渠排水とは水はけが場所に溝を堀り、砂利をしいて水が流れる川を地面の中に作ります。その中に透水管を埋設するとさらに効果が上がります。

なるべく、地中に水が入らないように表面排水をし、それでも地面に染みこんでしまった水を、砂利と透水パイプを使って、暗渠排水で流してしまおうと思います。

暗渠排水

暗渠排水の作り方

暗渠排水の埋設そのものは難しいものではありません。材料もホームセンターなどで売っているもので作れます。まずは地面に溝をほって、大きめの砂利をいれます。
その中に透水性のパイプを埋め、その透水パイプを雨水升につなげれば完成です。

我が家の場合は、元々家を建てたときに暗渠排水を1本埋めていますので、今回増設する暗渠排水は、その既設の暗渠排水につなげることになります。

まずは既設の暗渠排水を探す作業からです。埋まっている位置を予想しながら掘り始めて約5分、既設の暗渠排水の砂利を発見しました。ここに新設の暗渠排水をつなげようと思っているのですが・・・

続く

最新のオススメ記事

芝の手入れと芝刈り作業2011.06.26

梅雨というのに、晴れた日が続く今日この頃、芝生マニアのみなさまは芝の手入れ頑張ってますでしょうか? 梅雨の時期は、芝生の手入れは楽になります…
〜中略〜
昨年植えた芝生 こちらは、昨年植えた芝生です。先々週、先週と、サッチングと施肥をした効果が現れてきたのか、だいぶきれいな緑になってきいました…

続きを読む

Instagram