メニュー

芝生生活ではDIYによる芝生の植え方や、手入れ方法を紹介しています。

ページ上部に移動
芝生用語辞典

オーバーシード【おーばーしーど】

既に芝生を植えている上から、新たに芝生の種を撒いて芝生を育てること。

日本の関東より西の地域においては、一年中緑の芝生を楽しむ為に、ウィンターオーバーシードとして行われることが多い。

日本において一般的な芝生である高麗芝や姫高麗芝が暖地型芝生であるため、冬になると休眠し、枯れた色になる。そこで冬でも緑の葉を持つ寒地型芝生を、秋に種まきして植えることで一年中緑の芝生を楽しむ事が出来ることから行われている。天然芝のサッカー場や野球場などで冬でも芝生が緑の場合はこのウィンターオーバーシードが行われていると考えても良いでしょう。

ウィンターオーバーシードは、春になって暖かくなってくると、暖地型芝生に戻すために、トランジションということを行います。トランジションとは、寒地型芝生をわざと軸刈りをして枯らしてしまうことで、暖地型芝生の生育を促し、寒地型芝生を押さえてしまう為に行います。

トランジションはタイミングを間違うと、寒地型芝生を全て枯らすことができなくなり、暖地型芝生の育成を妨げてしまうので、慎重に時期を選んで行う必要があります。

続きを読む

関連情報

一年中緑の芝生を楽しむ為には、西洋芝の寒地型芝生を植えることが必要ですが、ここ日本においては北海道や東北の北部地域以外では、寒地型芝生を育てることが出来ません。これは寒地型芝生が、日本の夏の高温多湿な気候に適応出来ないからです。

そこで、一年中緑の芝生を楽しむ為に、オーバーシードを行うのですが、ここで注意点があります。実は暖地型芝生である高麗芝や姫高麗芝はオーバーシードに向いていない品種です。これは、オーバーシードで使う寒地型芝生であるライグラス類などの方が繁殖力が高いため、高麗芝の繁殖力を弱めてしまうからです。

オーバーシード初年はうまく行ったとしても、寒地型芝生が高麗芝の根をじわじわと痛めつけていくので、いずれは高麗芝の方が枯れてしまうことになります。

このような状態になりたくない場合は、高麗芝のオーバーシードに適した寒地型芝を使用することが必要となります。オーバーシードに適した品種としては「サツキワセ」という品種が有名です。

冬の間も緑の芝生を楽しめるということは良いのですが、これは冬の間も寒地型芝生の管理をしないと行けないという事になります。寒さに弱い私にとっては冬の芝生の手入れは苦行となりそうなので、オーバーシードは遠慮したいと思います。

関連用語

関連ページ

最新のオススメ記事

汎用人型除草兵器「零号機と初号機」2011.04.17

今日は、庭の除草をする予定で外に出ると、我が家の娘が「お手伝いするぅ〜」と言って、ついて来るではありませんか。 正直な話、手伝って貰ったら逆…
〜中略〜
我が家の、汎用人型除草兵器「零号機と初号機」です。 零号機 最初に製作されたプロトタイプ(試作機)で実戦投入の予定もなく、 そのため草刈り鎌…

続きを読む

Instagram